-

クレジットの無用になりつつある…そういった時はクレジットの使用不可能化(しようふかのうか)をしてしまいましょう。

わざわざ定義など不要だと思われますが、カードの機能停止とは読者の皆さんが持っているちょうどそのクレジットカードを二度と買い物などにおいて購入手続きが出来ないようにすることを言います。

この項目で使わなくなったカードの使用不可能化のやり方から解約に際しての注意点などを力を入れてまとめてみた。

このページをわかって頂けたならば契約解除に関する心配をきれいに解決してもらえるに違いないと思っています。

正直に言ってしまうとするならば、カードを使用を中止してしまうことはとてつもなくあっという間に終わります。

「クレジットカードに一度手続きをしたら思い通りに退会するのは面倒じゃあるまいか」……」あるいは「クレジット会社の使用取りやめの願い出が億劫だという気がする?」というように考えてしまう利用者も多いということだが拍子抜けすることにカードのサイン側の面に表記された会社の受付け窓口に連絡をして、クレカ使用不可能化の意思を言うということだけで楽に使用を中止することができます(わずか3分ほどの手続きで完了してしまいます)。

クレジットを使用し始める段階では信じられない程大変だったのに無効化の申し込みはわずか数分の電話でいいの?という具合に呆気にとられて固まってしまうと思います。

実際に機能停止の仕方は簡単におしまいに出来るのでしょうか?ご心配ありません。

クレジットカードの契約解除のやり取りは珍しい例外を除き、退会用のフォーマットもない上にしつこく引き止められるような事態も起こりません。

間違いなく「所有している▼▼カードを使用中止したいと思っておりますが!」と言う風に受話器の向こう側の係員に言うようにして頂ければ十分です。

事実、知人も以前から20枚以上にわたってクレジットを契約解除するために電話し続けてきたものの一度も使用不可能化に当惑したような事はあり得ないのでこのポイントについては安心して結構です。

友人を通じて伝わってきた実話によると使用不可能化を依頼電話したところ無効化しなければいけない理由に関して知りたいと言われる場合があったということですが、ただ単に軽い調査に過ぎないものだったらしく、留意される手間もなかったと言っていました。

たまたまわけを言わなければいけなくなったという状況に直面したとしても焦ることなく『必要なくなったので』だとか『他社のクレジットの広告を見たら活用できそうに感じられるから』と言う具合に述べてしまえばおしまいです。

Category

リンク